探偵の需要と市場規模

探偵が出来ること

意外と知らない?探偵の仕事と世間での需要

では最初に、探偵という職業が一体どのようなものなのかについて見ていこうと思います。 探偵という名前は聞いたことがあるけれども、具体的な仕事内容はいまいちよく知らないという方が世の中にはほとんどでしょう。 ここでは、そこに触れてみようと思います。

普段探偵はこんなことをしています

さて次は、探偵と言われる人たちが普段どんなことをしているのかやどのようにして依頼を受けて仕事を始めるのかについてお書きしたいと思います。 探偵たちの仕事がどうやって進められているのか気になっている人も多いと思います。 このコラムを読んでみるとその裏側がのぞけ、自分が探偵になった気分になれるでしょう。

日本の探偵の人数と年収

それでは最後に、今現在の日本にどれだけの探偵がいるのかや探偵の収入、そして探偵になるにはどうしたらいいのかについてお話したいと思います。 これまでで、探偵がどんな仕事をしているのかや、探偵がどんな人物なのかがわかってきたと思います。 これであなたも探偵に詳しくなりますね。

まずは探偵というものは何なのか見てみよう

皆さんは世の中に「探偵」という職業があるのはご存知でしょうか。
フィクションの小説やドラマ、アニメなどでよく題材にされてはいるので、名前は聞いたことがあるという方の方が大半なのではないでしょうか。
もしかしたら、実際に利用された方や身近な人の中に利用された方がいるという人もいらっしゃるでしょう。
でも、ほとんどの方がよくわからないというのが本音だと思います。
「探偵って具体的にはどんなことをするの?」とか「一体何を調べているの?」もしくは「探偵ってどのくらいお金をもらっているの」なんて疑問に思っている方もいるんじゃないかと思われます。

そこで今回は、探偵という職業が一体どんなことをしているのかや何で探偵という職業が出来たのか、そして探偵はどのくらいの需要が世間にあるのかについてお書きしたいと思います。

一見、普通の生活をしているとお世話になることがないだろうと感じる探偵という人たちですが、意外なところで誰かのお役に立ち、そして誰かの不安や心配を解決してくれるというとてもありがたい人たちでもあります。

そしてもしかするとこのページを読んでいる人や、だいぶ前から探偵に興味を持っている方の中には、「自分も探偵をしてみたい!」とか「探偵ってどうやったらなれるの?」なんて思いを抱いている方もいらっしゃるかもしれません。
そんな疑問にももちろん、出来る限りお答えしようと思います。

今まで探偵に興味が無かった人たちも、このページを読み終えるころには探偵に詳しくなっているでしょう。